Amazon 俺様価格をkeepaで見分ける方法

未分類

こんにちわ、ひゆんです。

今回は、Amazonで俺様価格の実例をkeepaの波形を使って、見分け方を解説します。

 

まず、keepaとは、過去にAmazonで販売されたデータや出品者数・ランキングなどをグラフで指標にした、サイトとなります。

 

こちらの、keepaというツールを使用して、仕入れるか、仕入れないかを、判断するものなので、必ずせどりをする方は必要なツールです。

 

 

こちらのkeepaのツールは月額がかかってきます。

海外のツールなので、15ユーロとなります。日本円にすると一ヵ月、1900円くらいだったと思います。

全て、日本語表記なので、ご心配は入りません。

 

 

確実に、一ヵ月でツール代を回収できる金額なので、必ず登録しておきましょう。

こちらからkeepaを登録可能です。
URL:https://keepa.com

 

まずkeepaの全体図はこちらになります。

 

主にランキング波形といって、緑色のギザギザしてるグラフを主軸に、仕入れを判断していくことになります。

緑色のグラフは上記のようにギザギザが多い程かなり売れていると判断できます。

 

他にも、色々な使い方がありますが、せどり初心者の方や、店舗仕入れを行なう程度であれば、基本的にはランキングのみを使って仕入れで稼いでいくことになります。

 

 

ランキングのギザギザ波形から商品の売れ行きを確認

こちらの画像ですが、緑色の波形はAmazonで商品が売れたタイミングで波形が折れます。

逆に、あまりギザギザの波形が動いてない場合や全く、一直線などの波形だと売れていないということなので、仕入れしない方が良いと判断できます。

 

 

グラフ内の、黒色の横線が中古価格の値段が表示されています。

こちらの黒色のグラフは都度、出品者が値段を変更する毎に波形は上下します。

 

 

グラフ内の、青色の横線は、新品商品の販売価格が表示されています。

中古価格が黒色、新品価格が青色だと覚えておいて下さい。

keepaの基本的な見方などは、上記に記載した3つのグラフを見る事で、稼ぐことができます。

 

 

そして、基本的なグラフの見方は、3ヵ月波形で判断していきます。

 

 

基本的な指標が理解できたと思うので、本題の俺様価格という波形について、解説します。

俺様価格とは、出品者が他の出品者よりも、販売価格を法外的な値段で販売する事です。

 

法外といっても、法律的などのルールは全く関係ありません。

もしくは、中古品や出品者が全くいない商品に対して、この俺様価格という販売価格で販売している商品が見受けられます。

特に、出品者がいなくなった途端に価格が急に跳ね上がったりして、売れなくなることがあります。

しっかりと判断しないと、
プレミア価格と勘違いしてしまう事があります』

 

 

まず、こちらの波形を見ていただくと、分かりやすいと思います。

 

中古品で解説すると、1年や3ヵ月波形で見てみると、黒色のグラフが上下している箇所があります。

この上下しているということは、出品者が価格を変更していると判断します。

そして、上記の画像の通り、3ヵ月波形で見てみると、一見19999円で緑の波形が折れているので、売れてると勘違いしてしまいます。

 

そして、このグラフを一年波形にしてみると
3000〜6000円の推定価格で、この商品が売れていると判断できます。

この赤丸の所が、本来の売れていく相場だということです。

一件、ぱっと見で判断しずらい物でも、過去の相場などをしっかり見ていく事で、このような『俺様価格』の値段に惑わされる事なく、波形を見ることが重要です。

なので、この商品は19999円では、ほぼ売れていきません。

 

ちなみに、ランキングの指標も見てみると、赤丸の記載してある、箇所はランキングが売れたと同時に上がっています。

ランキング377167→24912位と順位が変わってます。

そして、右の出品者数が2→1に変わってます。

 

2人の出品者から1人買われた事になるので、1になるということでした。

 

結果、この指標から読み取れることは、2980円で、一個売れていると判断します。

 

このように、いつ中古・新品が売れたのか?

どのくらいの価格で売れたのか?

ということがグラフやランキングで読み取ることができます。

 

この19999円で販売しているセラーなどが、俺様価格と言うことです。

 

実際にプレ値商品など廃盤で、このような俺様価格と似た波形があります。

 

例えば、過去の波形やランキンググラフを見ても確実に19999円で売れていたとします。


その場合、過去に何個売れているのか?

需要が供給よりも上回っているの?

という判断をしなければならないのです。

 

例えば、廃盤品やプレミア商品の波形については、こちらの商品の波形をご覧下さい。

ランキング・商品の値段・出品者共に、右肩上がりになっています。

 

そして、出品者のグラフが値段が上がっていくに連れて、途切れ途切れになっているかと思います。

また、値段も上がっていても、緑色のギザギザは何個も折れています。

 

このような指標となる波形が『俺様価格』ではない、需要と供給から成り立っているプレミア価格ということです。

 

価格が上がっていても、出品者が途切れ途切れになっているという事は、商品を出品した途端に売れていると判断します。

 

こちらは廃盤商品なので、見つからないと思いますが、こうゆう商品を見つけると、かなり美味しいです!

 

そして、廃盤品になる商品には、前兆みたいなものがあります。

Amazonが出てきたり、消えたり、頻繁に在庫を切らすなど、このような事があれば都度チェックしておきましょう。

 

価格が上がったタイミングであれば、商品を回収することができます。

 

このように波形の見方によって、色々な視点から商品を仕入れる事だってできます。

まずは、初心者の方は判断しずらいと思うので、確実に波形がギザギザしてるものだけを仕入れるようにしましょう。

そしてしっかりと、売れている相場価格で仕入れを判断していきましょう。

以上、keepaでの俺様価格の基本的な見方でした。

タイトルとURLをコピーしました