セラースプライトの無料版は使えるのか?有料プランとの違いやお勧め機能を解説します。

中国輸入

 

今回は、セラースプライトの無料版と有料プランの違いやリサーチの際に役立つお勧め機能をお伝えします。

Amazonで自社ブランド商品を販売していく上で、市場規模の分析や競合リサーチ、キーワード選定(SEO対策)が重要になってきます。

 よって適切なリサーチやライバル分析ができるかで売上が左右されてしまいます。


便利なツールだけど「セラースプライト」の使い方がイマイチ分からないという方もいるのではないでしょうか?


そんな方の為に本記事では下記の疑問点を学ぶことができます。

・無料版と有料版の違いについて
・キーワードの需要が分かる
・市場規模が一瞬にして分かる
・ライバルの商品動向が分かる
・お勧めの機能について

 

この記事の結論から申しますと、セラースプライトは無料版でも使える!

 

セラースプライトとは

セラースプライトは日本だけではなく世界各国のAmazonのリサーチが可能です。

対応している国は次の通りです。

 

  • 日本
  • アメリカ
  • ドイツ
  • イギリス
  • フランス
  • イタリア
  • カナダ
  • スペイン
  • インド

 

セラースプライトの機能を簡単に説明すると、ユーザーがAmazonでどんなキーワードで検索して商品を閲覧しているのか、また購入しているのかを知れるツールです。

このようにリサーチに特化した拡張機能ですが、

・市場規模の確認
・ライバル商品の月間販売数(どのくらい売れているのか)
・商品ページの構築や改善策

などに活用することができます。


セラースプライトにはいくつか機能があります。

・キーワードマイニング(オススメ)
・キーワードリサーチ
・キーワード逆引きリサーチ(オススメ)
・キーワード順位チェッカー
・ライバル商品リサーチ(オススメ)
・市場リサーチ
・商品リサーチ ・商品モニタリング(オススメ) ・店舗新商品モニタリング(オススメ)
・販売数予測

このように様々な機能が用意されておりAmazonリサーチの世界が変わる最強ツールと言えます。

Seller Sprite(セラースプライト)のアカウント登録

まずはセラースプライトを開いて新規登録をクリックをします。

・名前 : 何でもオッケーです。
・メールアドレス:PC用のメールアドレスを推奨します。
・パスワード:ログイン時に必要
・パスワード再度入力:
パスワードは同じものを再度入力します。

を入力していきましょう。

「会員登録完了しました」と表示されれば登録は完了していますのでログインしましょう。

まずはお試しの無料版でアカウント登録をおこない使ってみて活用できると判断した場合、有料会員にアップグレードすることお勧めします。(無料版と有料プランの違いについては後ほど解説していきます)

sellersprite(セラースプライト)の登録はこちら

登録時に下記のコードを入力してください。

sellerspriteの30%Offコード:FB2025

無料版から有料に切り替える方法ですが、月単位と年単位から選定できます。

年単位ですと、16.67%お得になりますが初心者であれば、まずスタンダードプランの月単位の登録を推奨します。

98ドルなので、(約11000円)の月額登録料がかかってきます。

Seller Spriteの割引コードの適用方法

登録後は無料会員になりますので、有料会員を希望であればアップグレードする必要があります。

現在セラースプライト(sellersprite)には4つのプランが用意されております。

  1. 無料会員:無料
  2. スタンダード会員:$98 / 月
  3. アドバンス会員:$188 / 月
  4. VIP会員:$238 / 月

30%OFFの割引コードを使用して有料会員にアップグレードする方法を解説します。

「マーケットプレイス」をクリックします。

 

プランによってモニタリングできる数に違いがありますが、ほとんどの方は月単位のスタンダード会員がお勧めです。

購入するプランの「PayPal」か「クレジット決済(Stripe)」からクリックします。

毎月3,000円以上の割引で使えるのでお勧めです。

sellersprite(セラースプライト)の登録はこちら

登録時に下記のコードを入力してください。

sellerspriteの30%Offコード:FB2025

 

Seller Sprite(セラースプライト)の使い方


では、それぞれ機能別に解説していきます。

 

キーワードマイニング

キーワードマイニング機能を使うことで、キーワードをリサーチすることができます。

キーワードマイニングには「静的マイニング」と「動的マイニング」の 2 種類が用意されています。

・静的マイニング⇒検索キーワードを縦に深堀りするイメージ
・動的マイニング⇒検索キーワードの関連性の高いワードなども含めて、縦横に深堀りするイメージ

静的マイニングは単純に「キーワード」を含む検索数に着目している一方で、動的マイニングは検索経路に着目していることです。


動的マイニングを活用すれば、思わぬキーワードに気づくこともあるので積極的に使っていきましょう!

もう少しわかりやすく説明すると、

自分が調べるキーワードに絞って情報を得たい場合には「静的マイニング」がお勧めです。

予想もしない共起語なども含めて情報を得たい場合には「動的マイニング」を使います。

動的マイニングは静的マイニングと使い方は同じですが、関連キーワードの出方が異なりますので使い方次第で色々な戦略が立てられます。

使い方の紹介

セラースプライトのトップ画面で「キーワードマイニング」を選択します。

「静的マイニング」をクリックした後、国を「日本」に設定。

後は、任意のキーワードを入力して「リサーチ」ボタンを押すだけです。

検索窓に調べたいキーワードを入力します。

検索窓に調べたいキーワード「マット」と入力すると、関連性の高いワードを表示することができます。

「静的マイニング」と「動的マイニング」は、検索窓の上にあるタブで切り替えられます。

 

右側の棒グラフをクリックすれば、過去のトレンドを確認することも出来るのが特徴です。



特定のキーワードを入力すると「関連キーワード」「検索トレンド(季節性)」「検索ボリューム」「月間販売数」等の必要な情報を取得できます。

・所属カテゴリー
こちらはキーワードが違っても別カテゴリーでの販売実績を確認することができます。


・季節性
検索キーワードが季節に偏っている場合、該当の月が表示されます。季節性での需要が把握できるので、トレンド商品を扱う際に活用できます。


・人気度
キーワードがどのような検索流入に繋がっているかなど比較するのに役立ちます。


・月間検索トレンド
Amazonでの検索ボリュームの変動を見ることで、ヒット商品や季節性のある商品を見分られます。

これによって、参入するカテゴリーでの商品リサーチを適切に判断することができます。

 

・月間検索数

ユーザーの検索キーワードに対して市場規模の大きさを把握できます。

検索数は大きければ大きいほど見込み客が多いですが、少なすぎれば市場規模が小さいので売上向上には不向きといえます。

逆に大きすぎれば、適切な発注量のコントロールが出来なくなる可能性がある為、運用資金に応じて参入するカテゴリーを判断する必要があります。

初心者であれば月間検索数3000~15000(月間売上20~50万円)くらいの市場を目安にしていくのがお勧めです。


・月間販売数
どんなキーワードが売上に繋がっているのかを把握できます。

検索ボリュームが少なくても売上に貢献するニッチなキーワードが把握できます。

・クリック集中度
キーワードの寡占度合を把握できます。

どのカタログに対してクリックが集中しているのか、
これが高いほど上位 3 商品が売上をほとんど占めている割合が高いと判断できます。
(そのカテゴリーに参入できるかの指標となります)



・商品数
キーワードの検索結果に表示される商品数です。該当するキーワードに対して検索結果が少ないほどライバルが少ない傾向が高いです。ニッチなキーワードを探ることができます。


・市場分析
自分の商品が平均価格(ライバル)より安いほど売りやすいです。ポイントとして平均レビューが悪い市場ほど、商品を改良・改善できる意図を把握して差別化できます。


・ PPC入札額
広告費をかけて上位表示を目指す際のレッドオーシャン具合を把握できます。商品単価と比較して広告を入れるかの目安になります。

キーワードリサーチ

キーワードリサーチは、キーワードマイニングとは反対の使い方があります。

キーワードマイニングの場合、

このキーワードがどのくらい検索されているか?を調べるのに対して、

キーワードリサーチはこのカテゴリーで検索されているキーワードは何か?

ということがわかります。

これは、「売れ筋商品」を把握したい場合に役立つイメージです。

 

使い方の紹介

セラースプライトのトップ画面から「キーワードリサーチ」を選択します。 国を「日本」に設定し、詳細項目を自由に入力できます。
リサーチ結果画面はキーワードマイニングと似ており、トレンドグラフも把握可能です。 

 

不慣れなうちは左上の「プリセットモード」で自動設定するのもおすすめです。

「人気市場」「検索急上昇市場」「潜在市場」「トレンド市場」など市場ごとに見やすい仕様になっているので、初心者の方でも簡単にリサーチすることができます。

初心者の方であれば目安として月間検索数は 5000〜15000 件くらいがライバルもそれほど多くないので戦いやすい市場となります。

月間 100〜300 個程度は売れる市場です。
もちろん運用資金に余裕があれば、月間検索数が多い市場をリサーチすることもできます。

 

キーワードトレンドリサーチ

キーワードトレンドリサーチは、直近数週間で検索に大きな変動のあったキーワードからトレンド商品を割り出すための機能です。 最近、起きている顧客のニーズ変化を素早くつかめるので、効率的に情報収集できるのが特徴です。
 

使い方の紹介

セラースプライトのトップ画面から「キーワードトレンドリサーチ」をクリックします。 左上の「日本」を選択したら、すぐ下のプリセットモードを使うのがおすすめです。

例えば「トレンド市場」を押すと、直近4週間で検索順位が 1 万以上アップ、4週間前と比べて検索上昇率が 10%以上のキーワードと関連商品が出せるよう自動設定されます。

プリセットモードでは、その他にも「人気市場」「検索急上昇市場」「潜在市場」なども調べることが出来ます。
ただし、人気商品や急上昇商品はライバルセラーも多い点は認識しておきましょう!

 

キーワード逆引きリサーチ


キーワード逆引きリサーチは、特定の ASIN の商品がどのようなキーワードでユーザーの検索流入を得ているかを確認できます。

 

使い方紹介

セラースプライトのトップ画面から「キーワード逆引きリサーチ」をクリックします。 左上の「日本」を選択したら、検索窓に該当するASINを入力すると注目キーワードが表示 されます。

ライバルの商品がどのようなキーワードで検索に繋がっているのか丸分かりです。


例えば、商品カタログの内部キーワードや商品タイトル、説明文に関連性の高いワードを盛り込みことができるので、SEO対策が可能です。

 

キーワード順位チェッカー


キーワード順位チェッカーは、ASIN の特定キーワードに対して Amazon 上の検索順位が分 かります。

 

使い方紹介

セラースプライトのトップ画面から「キーワード順位チェッカー」をクリックします。 左上の「日本」を選択したら、検索窓に該当する ASIN を入力して検索順位を確認したいキーワードをいくつかピックアップします。

 

すると、何ページ目の何番に掲載というのが表示されます。

 

 

このようにキーワードごとに検索順位を把握できますので商品ページの改善策が必要なのかが分かります。

 

ライバル商品リサーチ

ライバル商品リサーチは、特定商品の販売個数や成長率等の情報を確認することができます。
また週間および月間販売数を調べることができます。

あくまでツールは参考程度に捉えておき正確な数値を予測するのは難しいので、より精度の高い計測をする場合は下記の記事を参考にどうぞ。

Amazonで販売数の予測を立てる方法とは?簡易OEMリサーチで必須な在庫追跡のやり方を解説!
Amazon簡易OEMのリサーチ手順では在庫追跡をして市場規模を確認する必要があります。もう少しわかりやすく説明すると、「市場の売上がどのくらいなのか」、ということです。なぜ、市場規模を確認しないといけないのでしょう...

市場選定の判断基準については下記の「簡易OEMリサーチ」の記事を参考にしてみてください。

Amazon簡易OEMリサーチの手順を実体験を交えて解説します。市場参入となる4つの判断基準とは?
この記事では、「Amazon簡易OEMのリサーチ方法」を僕の実体験を交えた解説となっております。今回お伝えするリサーチ方法は、自動ツールなどを使用せずに手動のみでのリサーチ方法となっています。本記事でわかること・市場参入...

 

使い方紹介

セラースプライトのトップ画面から「マーケット」のタブを開き「ライバル商品リサーチ」 をクリックします。


「ブランド名・セラー名・ ASIN」を入力すると該当する商品の販売状況のグラフを確認できます。

販売個数の正確性は高いですが、あくまで目安として考えておくと良いでしょう。

 

売上規模を確認することで参入の目処やどのくらいの発注が適正なのか目安の参考になります。

市場リサーチ


市場リサーチは市場規模に応じたサブカテゴリーごとの情報を一括取得できます。

使い方紹介

セラースプライトのトップ画面から「マーケット」のタブを開き「市場リサーチ」をクリックします。

市場規模や競合リサーチの分析に使います。
使い方によって様々ですが、潜在力のある市場をリサーチすることができます。こちらも絞り込みから「商品集中度」「降順」を選択することで、ニッチな市場をリサーチすることができます。

 

 

商品リサーチ


Amazon の市場規模に応じた商品が分かります。自分が狙いたい市場規模や成長率に応じて該当する商品を調べることができます。
・カテゴリー
・検索ボリューム
・月間販売数
・成長率

などを指定することで、効率的に市場規模を分析できるので参入の目安になります。
リサーチの際に 1 番重宝する機能となります。

 

使い方紹介

セラースプライトのトップ画面から「マーケット」のタブを開き「商品リサーチ」をクリックします。

商品ごとに月間販売数の成長率やランキング増加/成長率などを分析することができます。

 

商品モニタリング

商品モニタリングは、自社の商品やライバルの商品の情報を毎日自動取得するための機能です。

 

使い方紹介

セラースプライトのトップ画面から「モニタリング」のタブを開き「商品モニタリング」 をクリックします。

この機能を使うことで、SEOの最適化に役立ちます。

・商品ページや検索キーワードの施策
・ Amazon 内の広告(スポンサープロダクト・スポンサーブランド)の施策

 

店舗新商品モニタリング


店舗新商品モニタリングとは、ベンチマークとなるライバルセラーを登録しておくことで、 ライバルセラーが新規に出品した商品の動向を知ることができる機能です。
よってヒット商品になる前から動向をチェックできるので、どのようにして売れたのか分析することが可能になります。

使い方紹介

セラースプライトのトップ画面から「モニタリング」のタブを開き「店舗新モニタリング」をクリックします。

下記の赤枠の箇所に分析したい商品ページを追加するだけで動向を追うことができます。

 

Seller Sprite(セラースプライト)の費用とプランについて


セラースプライトの費用は次の通りです。

・無料会員:無料
・スタンダード会員:$98 / 月
・アドバンス会員:$188 / 月
・ VIP 会員:$238 / 月

 


無料会員は全機能に一部制限がつくので、(リサーチ結果が数件)しか確認できない為、本格的にリサーチする方であれば正直物足りなさを感じると思います。

例えば、無料プランのキーワードリサーチ機能では、上位表示5位までは表示されるのですが、6位からモザイクがかかって見えなくなります。

6位~表示されない。

このように全てのデータを確認することができないので、お試しで使うくらいの感覚であれば良いですが、中国OEMに本格的に取り組んでいく方は正直使えないかなと思います。

無料版であれば、「逆引きリサーチ機能」が個人的にお勧めです。
こちらも注目キーワード上位5位までしか表示されないですが、関連性の高いワードを確認していくことで、SEO対策などに活用できること間違いないです。


初心者の方であれば、まずは無料版で使い方を学ぶことができますので、ぜひ導入してみて下さい。


スタンダード会員以上になると、すべての機能を制限なく利用できます。
スタンダード、アドバンス、VIP の違いは以下の通りです。

・スタンダード会員
商品モニタリング : 100 件 キーワードモニタリング : 500 件

・アドバンス会員
商品モニタリング : 300 件 キーワードモニタリング : 1000 件

・ VIP 会員
商品モニタリング : 500 件 キーワードモニタリング : 2000 件

「商品モニタリング」機能等の上限件数の違いくらいです。
基本的には無料会員以外であれば、全ての機能を制限なく使えるので、スタンダード会員で十分だと思います。

 

セラースプライトの拡張機能の設定方法

設定の手順は以下の通り。


・ GoogleChrome または Firefoxをインストール
・セラースプライトのインストール
・拡張機能とログイン ID を接続

「GoogleChromeのダウンロード」
↓↓
https://www.google.com/intl/en_us/chrome/

 

基本的にセラースプライト自体は Web ページにログインして使用する必要がありますが、 拡張機能を設定することで Amazonサイト(ブラウザ)でセラースプライトの情報を確認できます。

セラースプライトの拡張機能では、前述した通り、使い方(機能性)はほとんど同じですが、 ランキング推移確認機能が使えます。

商品の売れ行きを計る指標(グラフ化)となる売れ筋ランキングの推移を確認することができます。
拡張機能を使うことで、セラースプライトのサイト上にわざわざ戻る必要もなく、Amazon サ イトでデータを確認することができます。

 

まとめ


今回、紹介したセラースプライトを使えば、手動でおこっていたAmazon リサーチの難易度がかなり下がります。 これまですごく難しかった「情報の最先端に常にいる」ことが出来るようになります。 Amazon物販の初心者はもちろん、売上向上を目指したい方や、販売規模の拡大を考えている方はセラースプライトの導入を検討してみることをオススメいたします。

タイトルとURLをコピーしました