Amazonで危険物を確認する方法を解説!【FBA納品の注意点とは】

Amazon

Amazonで納品プランを作成したとき、
「この商品は危険物です」というメッセージが表示されて、納品プランが作れなかったことはありませんか?

こんにちは!ひゆんです。

突然『危険物』なんて言われたら驚いてしまいますよね。

多分あなた自身もその商品が危険物だという認識はなかったと思います。

そんな危険物商品ですが、正しい手順さえ踏んでいれば、問題なくFBAで販売することができますよ。

今回はAmazonにおける危険物の定義から、FBAを利用して危険物商品を納品・販売する方法をお教えします。

 

【Amazonの危険物とは】

危険物の定義

Amazonには危険物マニュアルというものがあります。

危険物を販売しようと思ったらAmazon公式の危険物マニュアルを確認する必要があります。

Amazonの危険物マニュアルはこちら↓↓

このマニュアルによりますと、Amazonにおける危険物の定義は以下です。

『国際航空運輸協会(IATA)によって危険物として輸送が規制されている商品をアマゾンでは危険物としています』(リチウム電池単体またはリチウム電池を含む商品を除く)

詳しく見ていきましょう。

『主に「危険物」に該当する条件』

・商品またはパッケージに「腐食性」、「可燃性」、「刺激性」、「有害性」、「環境に有害」、「有毒」、「限定量」、「まぜるな危険」などの警告が表示されている
・引火点が250°以下
・スプレー缶に入っている
・圧縮されたガスである

例えば花火や爆竹であったりとか、ネイルグッズや香水なんかも危険物に分類されます。

危険物とはつまり、刃物のようなものではなく、『毒性や爆発、発火の危険性があるもの』がAmazonの危険物として定義されている、と覚えてくださいね。

危険物に該当する商品か確認する方法があります。

 

《Amazonの危険物に該当する商品かを確認する方法》

①セラーセントラルの検索ウィンドウに「危険物」と入力して検索
②「ASINの検索」にチェックを入れて「次へ」ボタンをクリック
③商品のASINを入力して「ステータスを確認する」ボタンをクリック
④メッセージが表示されるので、危険物かを確認する

以上の手順で商品を危険物か判定し、出品禁止商品でなければFBA納品ができます。

 

【危険物をFBAで納品する方法】

①FBA危険物納品プログラムに申請する。
FBA危険物納品プログラムとは、出品者が危険物をFBA販売できるようにする事前の手続きです。

・セラーセントラルの検索窓に「危険物」と入力して検索

・文を読んでFBA危険物納品プログラムへの申請にチェック、「次へ」をクリック

これで申請完了です。

1〜2週間後に担当者から申請完了のメールが来ますので、今後は危険物を取り扱うことができるようになるわけです。

②納品プランの作成
申請許可が下りたことを確認したら、次は納品プランを作成しましょう。
その時に注意があります。

・通常商品との同梱はできない
危険物は危険物ではない通常商品と一緒に納品プランを作成することはできません。
危険物は危険物でのみ納品プランを作成しましょう。

・納品できるサイズに限りがある
危険物は「小型サイズ」と「標準サイズ」のみ納品ができます。
「大型サイズ」では納品できないので注意しましょう。

・引火性液体商品は納品上限数が決まっている
例えば油性ペンやアルコールなど、液体で燃えやすいものはASINごとに納品上限数が設定されています。

③梱包する時に注意すること
梱包作業する時は、「危険物在中」と書かれた用紙を箱に貼る必要があります。
ポイントは、

・A5サイズ以上で印刷して貼り付ける
・箱が複数ある場合は全ての箱に貼り付ける

これらのポイントを必ず満たして運送会社に渡しましょう。

『この用紙を貼り忘れてしまうとアカウント健全性への影響がある場合もあるので必ず行ってください。』

 

【まとめ】

今回はAmazonで危険物を納品する方法についてお伝えしました。
危険物の定義は「引火性や毒性のあるもの」

しかし手続きをちゃんとすればFBAで納品プランを作成することが可能です。
まずは商品が危険物かどうかを確認してから納品プランを作成しましょう。

僕はこのブログのほかに、コンサルとメルマガ、LINE登録を行なっています。
この記事を読んで気になった方は、お気軽にお問い合わせください。

↓↓【10個の有料級特典はこちらから!】

↓↓【個別コンサルのご案内はこちら!】

 

 

↓↓【無料個別相談】

Amazon
ひゆんをフォローする
中国輸入ビジネスでプチFIRE
タイトルとURLをコピーしました