Amazon中国輸入OEMの成果を報告します。【2021年12月利益10万円達成】

中国輸入

 

Amazon中国輸入OEMを実践して1年目で
やっと10万円の利益を達成することができました!

2021年12月の実績を報告します。

何度もあきらめようと思ったこともありましたが、
1年間結果が出るまで取り組んできて本当に良かったです。

新規出品履歴・売上・経費

中国輸入OEMで新規出品するには
広告運用が不可欠ですが、

広告出稿をしなければせっかく作成した
商品カタログ(ページ)が上位表示されず、
お客様の目に留まることもないので
商品が売れにくいのと、

商品カタログから利益を出すまで
時間がかかるため根気がいります。

それでは広告出稿すれば
どれくらいで収益があげられるかを知りたいと思いますが、

まずは
下記の記事や出品履歴・売上実績・経費を
ご覧ください。

Amazon広告を開始することで効果は最短でどのくらいの期間掛かるのか?
こんにちは、ひゆんです。今回の記事も、OEMで大活躍されているTasさんのYouTube動画タイトル、『AmazonOEMを楽にするある一つの考え方』という内容を元に、記事を解説します。では、どうすればAmazonOEMを楽...
新規出品履歴
2020年
9月 中国輸入OEMスタート
中国輸入OEMコンサル受講
10月 5商品リリース
12月 9商品リリース
2021年
4月 5商品リリース
6月 12商品リリース
11月 10商品リリース
12月 10商品リリース

 

2ヶ月ごとに5商品ずつは新規出品(リリース)し、
(2021年6月~11月の5ヶ月間商品をリリースできなかったのは、
Amazonでアカウント停止になっていたのが原因です…)

5商品出品して2商品は
売れ行き(反応が良い)商品となっています。

今までに51商品を新規出品し、
現在はその中の15商品が
コンスタントに売上をあげていますが
他の36商品は売れなかったので、
メルカリなど他の販売経路を使い損切り販売へ切り替えました。

改善対策しても売れないときは売れないので、
様子を見ながら損切りしたり
新しい商品を仕入れては新規出品しています。

売上実績
2020年
10月 82,095円
11月 43,770円
12月 118,240円
2021年
1月 143,060円
2月 67,920円
3月 59,960円
4月 121,320円
5月 183,180円
6月 166,350円
7月 154,540円
8月 398,470円
9月 132,100円
10月 335,137円

 

2020年11月〜2021年12月の経費
仕入れ 530,000円
代行手数料 310,000円
広告運用費 550,000円

 

広告費は55万円も使っています。
1年間の費用とはいえ大きい金額ですね。

しかし中国輸入OEMで稼いでいくには
広告運用は必要不可欠だと思ってください。

アパレルでの出品が多い理由

私が出品している商品ジャンルはアパレルが多いのですが、
なぜアパレルを中心に販売しているのかというと
商品を扱いやすく簡単に相乗り対策ができるからです。

また資金の少ない初心者であれば、
他のカテゴリーと比べて費用を安く抑えることができます。

相乗りとは…
Amazonですでに新規出品(カタログ作成)されている商品へ出品すること

アパレルでは自分が新規出品(カタログ作成)した商品への
他者からの相乗り対策として
商品に自社ブランドの紙タグを取り付けることで差別化できますが、

アパレル以外の商品ジャンルだと
箱などのパッケージで差別化することが多く
自社ブランドの紙タグ作成より製作費もかかりますし、
デザインやサイズなどの規格を考える手間も増えます。

アパレル実践の注意点

ライバルの多さ

初心者でも実践しやすいためライバルが多く
しっかりリサーチをおこない販売戦略を考えなければなりません。

もちろん、リサーチで商品が上手くヒットすれば
初月から利益を出すことは可能です。

短期収益化の難しさ

アパレルに限ったことではありませんが
中国輸入OEMで稼いでいくためには
作成した商品カタログが育つまで3~6ヶ月かかり
短期で収益化することは正直厳しいため
粘り強く時間をかけて実践していく必要があります。

アパレル販売のメリット

中国輸入OEMにおけるアパレル販売のメリットは次の通りです。

・壊れない
・軽い
・相乗り対策が簡単

パンツや洋服などは、
商品自体も軽く小さいので
国際送料も安く抑えることができます。

 

ちなみに国際送料は
「実重量もしくは容積重量・個数」
で算出されるのですが、

この送料は
「実重量(実際の重さ)」

「容積重量(大きさから算出した重さ)」
の大きい方

で決められます。

 

容積重量は
貨物の容積6000cm3あたり1kgとした重量になり、
その計算式は「縦×横×高さ÷6000」です。

縦50cm×横40cm×高さ30cm
のダンボールなら

(50×40×30)÷ 6000=10

となるので容積重量は10kgになります。

洋服ならたためますし
1箱に対してたくさん入れられる上に
容積も小さくて済むので
国際送料を抑えることが可能になります。

利益を多く残していくためには
コスト削減を意識して
国際送料や関税をどうすれば安くなるのかを
工夫していきましょう。

 

また、アパレルは機械と違って壊れるということはないので、
安心して発注できるのもメリットです。

リスクも比較的少なく実践しやすいので
中国輸入OEMを始めるなら
アパレルから取り組むことをおすすめいたします。

これから中国輸入OEMを始めようとしてる初心者の方は、
ぜひチャレンジしてみてください。

 

中国輸入OEMで利益10万円を達成した販売手法などを、
私の運営しているコミュニティで完全サポートしています。

興味のある方は、下記の記事をご覧ください。

404 NOT FOUND | 店舗せどりと中国輸入で独立!35歳までに法人化も達成します!
タイトルとURLをコピーしました