Amazon 自社ブランド販売のリサーチ方法

この記事では、「Amazonを使った自社ブランド販売のリサーチ方法」を僕の実体験を交えた解説となっております。

今回ご紹介するリサーチ方法は、自動ツールなどを使用したリサーチではなく、手動のみでのリサーチ内容となっています。

結論から申しますと、自社ブランド販売のリサーチは、裏技的な手法など一切ありません。

僕が実際に、自社ブランド販売のリサーチ方法をやってみて感じた事は、せどりなどのリサーチとは違い、自社ブランド販売のリサーチは価格差や利益の出る商品を全頭したりするような、リサーチとは全く異なります。

自社販売ではなく、中国輸入商品の転売のリサーチでは、価格差を探してリサーチするという意味では、せどりとリサーチ方法は同じです。

自社ブランド販売では、ご自身で0から商品カタログ(商品ページを作る必要があります

なぜかというと、自社のオリジナル商品なので、もちろんカタログページはせどりと異なりカタログが存在しません。

1から作成して商品ページを作って販売する必要があるからです。

そして、始めは商品をリリースしてもお客様の目に留まらず、誰にも商品ページが見られない状態です。

また、リリースした後は広告運用をしていく必要があります。
広告運用の詳しい解説はこちらの動画をシェアします。
↓↓

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

せどりでは、同じ商品ページの出品者がライバルとなりますが、自社ブランドでは、他社の商品ページカタログがライバルとなります。

他社の商品よりも商品力や商品ページ作成で差別化を測り魅力的にアプローチできるかが重要となってきます。

自社ブランド販売で最も大切な事は、リサーチが基本となってきます。

リサーチの段階で全てが決まる!
と言っても良いでしょう。

 

ここからは、Amazon自社ブランドのリサーチ方法を解説します。

自社ブランド販売のリサーチ方法は、特別難しい方法ではない為、以下2つのリサーチ方法を、行うことで利益商品が見つかっていきます。

Amazonリサーチ
・アリババリサーチ(中国サイト卸ショップ)

先に申しますと、自社ブランド販売はリサーチを行なって、販売までしてみないと、こればかりはヒット商品になるのかは、誰もわかりません。

僕がお世話になっている師匠から、自社ブランド販売は上級者の方でも、商品を外す場合だってあるし、例えば、100個リサーチして見込みのある商品が、1〜2個当たれば良い方だと教わりました。

ライバルの商品レビューの数や価格、商品画像など、SEO(Amazon検索順位)で優遇な場合、すでに育っている、競合よりも遥かに差があるので、よっぽど勝てる要素がない限り参入は難しいです。

しかし、「商品力があれば」関係なく、競合よりも売れていく可能性はあります。
こればかりは先程説明しましたが、リリースしてみないと分からないので、
ライバルの商品を分析して商品リサーチする事が大切になってきます。

まずリサーチ手順としてのやり方は以下の通りです。

・市場リサーチ
(Amazonである程度、市場規模が大きくて売れる見込みのあるカテゴリを絞りこみ商品をリサーチ)

・競合リサーチ
(ライバルのカタログを分析して参入できるかなどを判断する)

・仕入れ先からリサーチ
(逆リサーチと言い、アリババでAmazonが出品してないものを画像やキーワードで検索)
以降は上記の手順と同じリサーチ方法です

 

 

1. 市場リサーチ
参入したい商品カテゴリをリサーチする場合、例えば、メンズバックの売れ筋ランキングから見ると、メンズバックの大カテゴリの商品が出て来ます。

大カテゴリでは、広過ぎて狙った商品を絞り込めてないので、更に小カテゴリまで絞っていきます。

大カテゴリ→メンズバック→ショルダーバックという小カテゴリまで絞りこんだ所、ショルダーバックの小カテゴリで売れてる売れ筋ランキングが見れます。

ここの、売れ筋ランキングで上がっている商品は、実際に小カテゴリで、良く売れているという事です。

それぞれの競合ページや関連商品、レコメンドから競合の商品や画像など分析をおこない参入しても勝てるのか?
というように考えて行きます。

レコメンドとは、『この商品を買った人は、こんな商品も買っています
という意味です。

同じメンズバックの小カテゴリでも、ビジネスバックや、ハンドバックなど詳細に絞り込めます。

 

市場規模を測る目安として、判断できる指標は以下の通りです。

例えば、
ビジネスバックの大カテゴリ1000位
ハンドバックでの大カテゴリ500位

このように小カテゴリの商品によって、大カテゴリのランキング順位は変動してきます

すると、市場規模が大きいのはハンドバックだと判断できますね。

ハンドバックのカテゴリに参入すると判断した場合、気になる競合のページをベンチマークして、どのような商品が売れているのか、同じ用途の商品でもどのような素材なのか、カテゴリによってどんな売り方をしているのか、など分析をする必要があります。

また、ブルーオーシャンだとしても市場規模の小さいジャンルだと売上を作ることは難しいのです。

 

実際に、僕がリサーチしてみたけど仕入れができなくて、失敗した商品をご紹介します。

こちらのビジネスバックの商品です。
↓↓

Amazon.co.jp

メンズバックカテゴリの、小カテゴリ内のビジネスバックをAmazonでリサーチした物ですが、実際にこちらのセラーは商品力があります。

なぜ、こちらのセラーを元にリサーチしたのかと言うと、小カテゴリの売れ筋ランキングでナイロン素材が上位に上がっていました。

皮素材やビニール素材などありましたが、どれも外側にポケットなどが、ごちゃごちゃしてあったりどう見ても安っぽい素材だったり。。

ビジネスバックは大人が持っていても違和感のないシンプルな素材やデザインが好まれます。

その結果、ナイロン素材のビジネスバックにリサーチを絞り込み、競合リサーチしてみると競合よりも、差別化できるポイントがあったので参入してみようと、決めました。

素材・デザインを考慮して、サラリーマンの方は、長い期間使えて、更に丈夫な物なら多少高くても、安っぽい素材や機能面があまり良くない物よりは、購入するだろうなと推測しました。

こちらの商品の販売価格は5980円、また他のセラーなどからも分析してみましたが、相場くらいだと思います。

下記の商品は、上記のAmazonの商品と比較して、実際に仕入れ対象になった商品です。

 

[タオバオ代行 義烏仕入れ代行の淘太郎] - 日本向け最大の中国商品代理購入サイト
タオバオ代行 義烏仕入れ代行の淘太郎

なぜ、こちらの商品をリサーチ対象にしたのかと言いますと、こちらも機能面・デザイン性から競合の商品と比較した場合、用途や素材面で類似だし、大人が持っていてもシンプルだし違和感がなく使いやすい商品だと思ったからです。

こちらのセラーよりも、差別化すればカタログ状、上回ることができそうなポイントがありました。

どこの改善案で、差別化できるのかわかりますか?

商品画像です。

デザインがしっかりと作りこまれておらず、画像で商品の訴求をアピールできていないのです。
背景にただ画像を張り付けているような感じです。

初心者の方には分かりずらいと思いますが、リサーチして行くと、商品画像のクオリティーが高いセラーなどが段々分かってくるようになります。

ですが、この商品はめちゃくちゃ売れてますし、商品レビューもたくさんあります。

なぜかと言うと、商品力が良いからです。

先程、説明した通り、レビュー数・販売価格・商品画像などから、上回る事ができない場合でも、商品力があれば関係なく売れていきます。

ちなみに、こちらのセラーの商品はOEMといって1から自社でデザインしている商品です

リサーチした際に、競合の商品がOEMだから無理だと判断せずに、他のセラーもリサーチする事が大切です。
結果的には、狙った市場で数%のシェアを取ることができれば問題ありません。

こちらの商品は仕入れ原価は¥39(日本円だと624円)
で一つ仕入れができます。
かなり安い原価だとわかりますよね。
¥39とは日本円の39円ではなく、39元となり中国原価だと、一元=16~17円になります。(39元×17円)

一つ624円だと、仮に5980円で売れていけば、、
考えるだけでもワクワクしますね。

実際は更に、原価から仕入れに掛かる代行手数料や関税などの費用が掛かってきます。

仕入れの際は、仕入れ原価だけで利益計算すると、後で利益が取れていなかったりなど、最悪な事態になりかねないので、しっかりと手数料などの経費を計算するようにして下さい。

仕入れ金額も624円なので、競合の相場価格よりも値段を3980円まで値下げをして、販売すれば良いのではと、判断しました。

ですが、仕入れ先のロット数を確認すると、仕入れは可能なのですが、1ロット500個単位での発注が条件でした…

さすがに、500個仕入れをすれば想像のとおり在庫処分となるので断念しました。

ショップによって発注条件が異なりますので、発注する場合は、しっかりとロット数を確認しましょう。
ほとんどのショップでは、2~3個から発注可能です。

・まずはサンプルとなる商品を発注をして
実物確認(サイズや品質など
・品質が良ければテスト販売
2~3個から販売してみる)
・売れ行きが良ければ本発注
テスト販売してみて売れなくても、2〜3個程度なら最悪、フリマアプリで在庫処分できます。

自社ブランド販売では、始めにテスト販売をして、
売れ行きが良ければ、本発注してみる事をおすすめします。

 

2. 競合リサーチ
市場リサーチと手順は似ていますが、ライバルセラーの商品画像、販売価格、商品説明や商品レビューなどから、どのような商品が売れているのかなどを分析する。

差別化の指標となる画像のクオリティや、商品説明などで競合よりも勝てそうなポイントがあれば、どうすれば上回る事ができるのかを考えていきます。

競合の画像クオリティーが高ければ、他に勝てる要素がないのか?
などを戦略的に考えましょう。

上回る事のできるポイントが1つでもあれば、参入していけば良いのです。

画像の作り込みが弱ければ、画像を更に作り込む事

商品説明文で差別化できていないのなら、より分かりやすく伝えること

・画像も作り込んでいて、説明文もしっかり訴求できているのなら、販売価格で差別化など

このように差別化の戦略はたくさんあります。
同じリサーチのやり方でも、見るべき視点をずらしてみると新たな発見が見つかるかもしれません。

3. 仕入れ先からリサーチ
アリババという仕入れ先から商品を探す方法です。

アリババ側でのリサーチ方法は、画像検索とキーワードから探すリサーチ方法があります。

アリババから商品を探した後は、上記で説明した、基本的なAmazonからのリサーチと手順は同様です。
Amazonの商品ページから関連商品や擬類商品を画像保存してアリババで画像検索していきます。

アリババの仕入れ先のリサーチを時短する拡張機能はこちらです。
↓↓

アリババの画像によるAliPrice検索
これを使用すると、Alibaba、AliExpress、1688、Taobao、Made-in-Chinaで製品ソースを簡単に見つけることができます。

Google chromeの拡張機能ですので、PCとchromeのブラウザのみで使用できます。

実際に僕も、リサーチする時に使っていますが、かなり作業効率が捗ります。

使わない理由がないくらいです。

Amazonページから拡張機能を使って画像検索すると、このような画面になります。

赤枠で囲ってある、検索ボタンをクリックします。
すると、同じ商品や類似商品が出てきましたね。

 

このようにアリババの画像検索欄に、Amazonで保存した画像を貼り付けなくても関連した商品が検索欄に出てきます。

同じ商品がAmazonに出品していない場合は、リリースするか検討してみることです。
そして、ご自身が求めている、仕入れ単価と利益の採算が取れているのかを、把握することが大切です。

今回のリサーチ手順をまとめると、参入するかしないのか、という指標は参入したいカテゴリの市場規模やライバルの商品力、商品ページなどから分析が必要です。

自分のカタログや商品力よりも、競合を上回る事ができなければ、一度参入を考え直しましょう。

商品カタログで、重要度が高い順に挙げてみました。

・商品画像
(成約率のほとんどが画像で決まる)
特にメイン画像は特に大切です。
Amazonの商品画像は、メイン白抜き画像1枚、サブ画像6枚の合計7枚で商品画像を作成していきます。

白抜き画像は、差別化が難しいので商品を大きく見せたり、レタッチという高度な技術が必要です。

 

画像作成は下記のサイトなどで募集しているので、デザイナーさんに依頼して作成してもらいます。
↓↓

ランサーズ
クラウドワークス
ココナラ

 

・商品レビュー
レビューが全く入っていないカタログと入っているページでは、成約率は一目瞭然です。
お客様は商品に対して、品質など安心感を求めているので、レビューが入っていることで成約率に繋がります。

・商品説明文
商品説明文は絶対に手を抜いてはいけません。
SEO(Amazon検索順位に影響します
Amazonの指定なので、商品説明文は500文字以内に抑えましょう。
また、関連性のあるキーワードを入れる事で、SEOにも強くなり自然検索でも売れていきます。

 

自社ブランドのリサーチは裏技的な手法など一切なく、正しいやり方を積み重ねて、コツコツと継続できるかが重要だと思います。最初の頃は、リサーチしていても中々商品が見つからなかったり、そもそもリサーチ方法があっているのか、不安になるかと思います。

僕も始める前は、せどりと全く異なるので不安な事ばかりでしたが、実際やってみると、想像してたよりもこんなものか。という単純な事ばかりです。
実際に取り組んで、失敗なども経験してみる事が、1番の成長だと思っています。

今回、ご紹介した自社ブランド販売のリサーチ方法が、少しでも多くの方に役に立っていただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました