セラースプライトで失敗しないリサーチの基準を解説!

中国輸入

「セラースプライトの各種数値の判断基準がわからない…」
「セラースプライトでリサーチしても数値が良いのかわかりにくい?」
「リサーチする際には何を基準にして商品やジャンルを選べば良い?」

非常に便利なツールとして多くの人に愛用されているセラースプライト!

セラースプライトの機能を簡単に説明すると、Amazonで購買意欲の高いキーワードを知ることができたり、また月間販売数や月間売上などが知れるツールです。

しかし便利な一方で「やれることが多く」、それが逆に初心者には「リサーチが難しい」と思われる要因となっています。

そこで今回はセラースプライトでリサーチする際の基準について解説していきたいと思います。

リサーチの「基準」について知っておけば、なんとなく使っていたときよりも、遥かに有意義にセラースプライトを使うことできるようになるでしょう!

セラースプライトで意識したい3つの基準

それではセラースプライトを使う上で意識したい3つの基準についてお話していきたいと思います。

セラースプライトを使う上で大切な基準はいくつもありますが、今回は初心者にも役立ち参考にしやすい3つの基準に絞ってお話していきます。

成果を出したい人、できるだけ損をするリスクを抑えたい人は、ぜひ今回の内容をチェックしてみてくださいね。

月販売数

まずリサーチ時に意識したい項目として、月販売数が挙げられます。

名前の通り月の販売数の目安ですね。

単純に売れている商品かどうかの基準となるため、販売数をリサーチ条件に含めれば稼ぐための精度が高まるでしょう。

ちなみに初心者の場合は月販売数が100~300程度がおすすめです。

月間売上で言うと、(20~50万円くらい)の市場規模になります。

とは言っても、「市場規模の確認方法はどうすれば良いのでしょうか?」

そこで、セラースプライトというツールを使うことで、一瞬にして月間販売数を確認することができるようになります。

セラースプライトの機能や使い方については下記の記事を参考にどうぞ。

セラースプライトの無料版は使えるのか?有料プランとの違いやお勧め機能を解説します。
この記事にたどり着いたということは、恐らく中国輸入簡易OEMのリサーチに対して、ハードルが高いと感じツールを導入しようか悩んでるのではないでしょうか?確かにツールを「利用するか、しないか」の差でリサーチの精度も変わりますし得られる情...

より精度の高い方法で販売数を計測する方法は下記の記事を参考にどうぞ。

下記の記事を参考にどうぞ。

Amazon簡易OEMリサーチの手順を実体験を交えて解説します。市場参入となる4つの判断基準とは?
この記事では、「Amazon簡易OEMのリサーチ方法」を僕の実体験を交えた解説となっております。今回お伝えするリサーチ方法は、自動ツールなどを使用せずに手動のみでのリサーチ方法となっています。本記事でわかること・市場参入...

それ以下だと商品の回転率が落ちてしまったり、思うように売れなかったりでストレスを感じるかもしれませんし、在庫が変に残ってしまう可能性もあります。

ある程度慣れてきたならば、ライバルは少し増えるものの500~1,000程度を基準としてリサーチしてみるのも良いでしょう。

100~300を目安にリサーチして、徐々にステップアップしていくのが初心者にオススメなリサーチ方法です。

販売価格

次に販売価格もセラースプライトのリサーチ時に大切なポイントです。

ここの基準がぶれてしまうと思うように儲けがでなかったり、逆に資金が底をつきかけてしまうこともあるでしょう。

ですので、セラースプライトのリサーチ基準としては、販売価格は2,000円~3,000円あたりでの設定がオススメです。

これは仕入れ価格ではなく販売価格ですので、2,000円~3,000円の商品は扱いやすい部類に入ると思います。

その上で2,000円~3,000円の商品はユーザーも購入しやすい価格帯ですので、回転率なども含め利益の積み上げに良い価格帯だと言えるでしょう。

安すぎる販売価格だとよっぽど数をさばかなくては利益になりませんし、逆に高額な価格帯ですので購入率が落ちてしまうと資金に悪影響が出てしまいます。

そういった意味でもセラースプライトでのリサーチ時の販売価格は、2,000円~3,000円程度からスタートしてみることをオススメします。

利益率

最後に利益率もセラースプライトのリサーチ時に重要なポイントです。

このあたりは単純にリサーチをするだけではなく、発送なども含めて自身である程度の計算が必要となります。

ですが、この利益率をリサーチ時に考えないようであれば、せっかくセラースプライトを使う意味も半減してしまうでしょう!

そんな利益率ですが、30~40パーセント辺りを目標にリサーチをするのがオススメです。

ただし初心者の間は25パーセントを超えているぐらいでも問題ありません。

そこから徐々に利益率の良い商品を徹底的にリサーチし、そして取り入れていく。

そうすることで「利益率に優れた稼げる商品」を知ることができるのですから!

せっかくセラースプライトを活かすのならば、先の月販売数や販売価格に合わせ、最終的な利益率も含めたリサーチを行っていきましょう。

セラースプライトでのリサーチは基準を決めて行おう

今回はセラースプライトを使う上で大切な基準についてお話してきました。

初心者さんにお勧めする基準値は、

・月の販売数を100~300個
・販売価格は2,000~3,000円
・利益率は30~40パーセント程度

この基準がぶれてしまうと稼げない商品を扱ってしまったり、手間ばかりかかって思ったよりも儲けが少ないなんて事態に陥ってしまいます。

最悪資金がショートしてしまう可能性も出てきますので、セラースプライトを活かした上手なリサーチ方法を身につけていきましょう!

セラースプライトの無料版は使えるのか?有料プランとの違いやお勧め機能を解説します。
この記事にたどり着いたということは、恐らく中国輸入簡易OEMのリサーチに対して、ハードルが高いと感じツールを導入しようか悩んでるのではないでしょうか?確かにツールを「利用するか、しないか」の差でリサーチの精度も変わりますし得られる情...

ちなみに避けるべき基準を1つ挙げるならば、レビュー数が1,000件を超えるライバル商品は初心者のうちは避けたほうが良いです。

もちろんある程度慣れてきた後であれば問題ありませんが、初心者のうちはできるだけ競合が強い、ライバルが多いジャンルは避けるのが無難。

自分の中で自信が身につき、また数字の面でも結果が出てきてから、徐々に扱う商品をステップアップしていくのが賢い稼ぎ方!

せっかくセラースプライトという優秀なリサーチツールがあるのですから、しっかりリサーチに時間をかけて稼げる商品を徹底的にリサーチしていきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました