中国輸入 自社ブランド販売を始める、メリット・デメリット

中国輸入

これから中国輸入、自社ブランド販売を始める方に、最低限失敗しないようにメリット、デメリットを解説します。

中国輸入ビジネスといっても、自社ブランド販売(中国輸入OEM)と一般的な価格差のある商品を仕入れて販売する、中国輸入転売の手法があります。

この記事では、僕が実際に取り組んでいる「自社ブランド販売」のメリット・デメリットの内容となっています。

中国輸入ビジネスとは、中国から製品を仕入れて販売する輸入ビジネスです。
なんとなく、聞いた事のある人もいるかと思います。
自社ブランド販売とは、中国から製品を制作、もしくは仕入れるという流れは一緒ですが、自社のブランドとして商品を販売します。

最初は覚える事など、ややこしいですが実践していくと、必ず出来るようになるので安心して下さい。

中国輸入ビジネスは、仕入れの際、輸入に掛かる関税や中国送料、代行手数料なども掛かってきます。

輸入ビジネスをする場合、個人で商品を業者から仕入れる事はできません。
現地の代行業者が、買い付けから発送までを代行してくれる、というサービスがあります

この代行手数料というものが、仕入れに掛かってくる手数料ということです。

例えば、僕が使っているおすすめの代行業者はこちらです。
↓↓
タオ太郎

詳しい内容は、以下のページに記載してあります。

タオバオ代行 義烏仕入れ代行の淘太郎] - 日本向け最大の中国商品代理購入サイト

中国輸入ビジネスを始める場合は、前準備をしっかりしておきましょう。


中国輸入のメリット

1. 全て自宅で完結できる
自宅完結とは、中国輸入ビジネスはせどりと違い、インターネット上で、中国の卸業者から仕入れを行うので、パソコン一台あれば、誰でもおこなえるビジネスです。

私は中国語が分からないから、絶対無理だ…
と、心配になると思いますが、中国語が一切分からなくても、大丈夫なのです。

先程説明した通り、代行業者を通して仕入れをおこなうので、仕入れから荷物到着までの流れを全てやってくれます。
また、代行業者の方には日本人もいたり、日本語を喋れる中国人の方がいるので、分からない事があればお問い合わせできます。

後は仕入れた物が、自宅やFBA倉庫に届くのを待つだけです。
代行業者は、無料で依頼できる所もあるので、
初心者の方は月額が無料の代行業者で充分かと思います。
ちなみに、僕も無料の代行業者を使っています。
この理由から、中国輸入ビジネスは時間の少ない副業の方にぴったりなビジネスです。

2. 仕入れ原価のコストが安い
中国輸入ビジネスでは、仕入れ額以外にも代行手数料、送料など経費が掛かってきますが、仕入れ原価が安い分、それでもかなり仕入れコストが安くなります。

中国輸入は、業者から直接取引ができる理由からです。
初期投資が少ない分、資金が少ない方にも、始め易いのが中国輸入ビジネスだと思います。

3. 軌道に乗ることができれば、在庫補充だけで完結
中国輸入ビジネスは、自社ブランドとして販売をするので、商品カタログが育つまで時間が掛かります。
ですが、一度売れるカタログが育つと、自分のオリジナル商品なので、在庫補充するだけで
毎月利益を出し続ける事が可能です。

せどりのように毎月、新たに利益商品を探す必要がなくなります。
ここが自社ブランド販売の大きなメリットです。


中国輸入のデメリット

ここからは、中国輸入のデメリットを解説します。

1. カタログが育つまで時間がかかる。
上記にも記載してありますが、中国輸入自社ブランド販売では、カタログが育つまで、かなりの時間を要します。
なぜ、カタログが育つまで時間が掛かるかと言いますと、自分のオリジナル商品なので、商品ページを一から作成する必要があるからです。

AmazonOEMで稼げるようになるまで、どのくらいの期間がかかるのか?についての詳しい内容はこちらの記事をご参考ください。
↓↓

AmazonOEMはどのくらいの期間で稼げるのか?
「この記事は、Tasさんの動画を参考に、私の体験感想を交えた内容となっています」【ぶっちゃけます】 AmazonOEMで稼げるようになるまでどれくらいの期間が必要なのか?今回の記事では、初心者の方がこれから自社ブランド販売で...

更に中国から仕入れをおこなうので、買い付けから手元に届くまでの時間も、2~3週間程掛かります。
このように、せどりと比べてキャッシュフローや収益化まで、期間を要するので黒字化まで時間が掛かります。


2. 不良品が多い為、返品リスクがある

僕も何度か、不良品の返品などありましたが、中国輸入販売をやっている方なら、何度か経験があると思います。

仕入れをする前に、必ず代行業者側が、しっかり検品をおこなってくれるのですが、発注数が多いと、不良品を見落としていたり、また中国人は日本と環境が違うので、検品の基準が甘かったりします。安い物だと破れやすかったり、物によっても変わってきます。

不良品などが多い仕入れ業者からは、今後仕入れないように対策しましょう。Amazonなどのプラットフォームに出品している場合は、すぐに返送をかければ問題ありません。

3. 仕入れ原価や代行手数料の他に、広告費用や画像作成などの費用も掛かってくる
中国輸入自社ブランド販売を始めるには、仕入れ原価や代行手数料と別に、商品ページで使用する『画像作成・商品の認知度を上げる為に必要な広告費用』などが掛かってきます。
その分、更に費用が掛かってきますので、自社ブランド販売を始めようと思っている方は、覚えておきましょう。

例えば、資金10万から始める場合。
仕入れ資金5万
広告費用5万

資金の50%くらいの目安で考えておくと良いかと思います。

画像作成をしているサイトは、ランサーズやクラウドワークスなどに募集をかけて、プロの方に依頼します。

Amazonの商品画像はメイン画像を入れて全部で7枚の画像が必要です。
おおよそ、一商品の画像作成の相場は8000~10000円程度です。
自分にぴったりなデザイナーさんを見つけることが大切です。

中国輸入は始めやすいですが、その分収益化になるまでの時間も掛かり、また仕入れ原価以外にも、手数料や送料などが掛かってきます。

このように中国輸入自社ブランド販売は、メリットもありますが、その分デメリットもあります。
実際に僕も始める前は、自分には本当にできるのかと、すごく不安でした。。
ですが、必ず誰でもできます。
断言します!!

慣れてくると、本当に単純なことばかりです。
中国輸入ビジネスは取り組みやすいビジネスだと思うので、ぜひ、チャレンジしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました